ウォーターサーバーの比較の時に水の硬度をチェック

subpage01

ウォーターサーバーを比較するポイントには値段、水の容量や最低注文数、電気代、保守サービスの有無やメンテナンス性、サーバー本体のサイズなど比較するポイントは多数在ります。これらの比較ポイントをしっかりと抑えておけば、経済的にウォーターサーバーを利用する事が出来るようになるわけですが、ウォーターサーバーには色々な水の種類が在り、それぞれの製品毎に水の味と言うものに違いが在ります。



また、水の味を決めているのが硬度と呼ばれているもので、軟水と硬水と言う2つの種類に分ける事が出来ます。

クリクラミオの口コミ情報

因みに、硬度には0から59の軟水が在りますが、軟水は日本人になじみ深い数値でもあり、水を美味しいと感じる事が出来る硬度になります。


また、60~119の数値は軟水と硬水の中間の硬度であり、120〜179は硬水に分類されており、180以上の数値は非常な硬水などと呼ばれています。


尚、硬水と言うのは日本の中で採取されるのではなく、ヨーロッパなどの地層に多くみられる石灰岩の地層でろ過された天然水などであり、海外の水を使用することが出来るウォーターサーバーの水は硬水が多いのが特徴です。

livedoorニュースの情報を提供しているサイトです。

但し、硬水と言うのはまずい水と言う事ではなく、地層の構造に応じてカリウムやマグネシウムと言ったミネラル分を多く含まれている水でもあり、ミネラル成分をたっぷりと含んだ水を給水して使いたい人にお勧めになるなど、ウォーターサーバーの利用目的に応じて比較のポイントも変わると言う事です。